ビジネスとしての愛人の存在

不倫関係にある相手や、いわゆる二号さんと呼ばれる正妻以外の関係にある女性を愛人と呼ぶのが一般的なイメージです。このイメージは決して間違っておらず、法的に認められている関係ではない女性が愛人と呼ばれているのは事実でしょう。
しかし、愛人は一種の職業であるという考え方もあります。もちろん互いに相応の愛情を持っている場合も多いですが、どちらかというとギブアンドテイクの関係で成り立っているケースも少なくないのです。ビジネスとして愛人という役割を全うしている女性も案外多く、互いに納得して関係を続けているというわけです。
裕福な生活を送る男性の中には、家庭とは別の癒しを求める方も少なからず存在しています。そこで、外に愛人を作って家庭での自分とはまた違う自分でいる時間を確保するのです。この場合は相手の人と愛人関係を結ぶことを前提にして出会いを求めたり、愛人契約によって関係がスタートすることが多いようです。
相手が求める関係や空間を提供することで、愛人となった女性は報酬を得ることになります。愛人としての報酬だけで生活する強者もいるようですが、多くは仕事を持ち、副業感覚で愛人をしていると言って良いでしょう。
もちろん愛人に報酬を与えることによって正妻に愛人の存在が知られてしまう可能性もあるわけですが、家庭によっては奥さん公認の愛人がいるケースもあると言われています。まるで家事を専門業者に外注するように、妻では提供しきれない癒しを愛人にお任せしているのです。
一般的にはあまり理解が得られない関係性かもしれませんが、当事者同士がきちんと納得し、ビジネスとして愛人をしている限りは本人たちの自由だと思います。
最近では、インターネットを使えば簡単に愛人を見つけることができる時代です。
例えば、こちらのサイトに書かれているようなことですね。
パパが簡単に見つかる3つの愛人掲示板とは?
お互い利益を得ることができる愛人関係。
今後はそんな愛人関係がもっと増えるかもしれませんね。