愛人にはいくつかのタイプがある??

一言で「愛人」といっても、そのタイプはいくつかあると思います。
まず、思いつくのが、「好きになってしまった人がたまたま奥さんがいる人だった」というタイプです。これは、私は最もたちが悪いと思っているのですが、本人は純愛だと思っているパターンが多いです。また、自分は恋愛に対して、真面目に考えている、遊びとかで付き合ったりするなんて、できないという人がこういったタイプの愛人になりやすいと思います。
このような「真面目な恋愛気質」な人が、ひとたび愛人という立場になってしまうと、愛人としての怒りやストレスの矛先が、相手の家族に向かいかねないと思います。遊びではないので、あまりに本気になってしまうため、自分が彼と結婚できないのは家族のせいだと思い込んでしまうのです。
次に、愛人としての恋愛を楽しんでいるタイプの女性です。このタイプの女性は男性からみると、ありがたい存在かもしれません。相手も遊びなので、いわゆる「後腐れなく」別れることができるのです。
しかしこういったタイプの女性は割と気まぐれなので、こちらも注意が必要です。恋愛さえも遊び感覚でやってしまうので、相手の家族も遊び感覚で壊してやろう、とか考えてしまう可能性もあるのです。
愛人になってしまう女性のタイプはいくつかありますが、やはりどのタイプでも愛人を作るにはそれなりのリスクが伴うと思います。真面目な女性、軽い女性、どちらも相手を本気にさせない、あまり深入りしないということが、愛人とより良い関係を築くのに最も良い方法なのかもしれません。