もし私が愛人の立場に立ったら

私は女性なので愛人として男性に囲われる女性に対して、ちょっぴり羨ましいような、それでいて大変だから自分には無理だというような複雑な気持ちを抱きます。この大変だというのはいつも男性のために自分磨きをしなければならないんじゃないかなと思うからで、最近女子力の下がってきた私にはとてもできそうにないし、かなりストレスが溜まりそうです。
そして逆に羨ましいというのは、男性から生活の面倒を見てもらっている場合です。一口に愛人といっても女性が自立している場合と男性に生活費をすべてもらっている場合とがあると思いますが、男性にすべて頼ることができるのなら羨ましいなと思うのです。
ただその愛人の立場にある間はいいのですが、いつか自分が飽きられて別れを告げられるかもしれないと考えると、決して羨ましいとばかりはいえないのかもしれません。もし仮に急に別れを告げられたら、自立していなければたちまち困ることになりそうです。
でも別れる時に今後のことも含めて考えてくれる男性なら最高かもしれませんね。
こんな風に自分がもし愛人の立場に立ったらといろいろ考えてみると、楽しいこともあり大変なこともあり実際のところはどんな感じなんだろうと思うと、私の周囲にそうした立場の女性がいないことがちょっと残念です。もしいればいろいろ突っ込んで話を聞けたのになと思います。かといって実際にはそこまで根掘り葉掘りは遠慮してなかなか聞けないだろうとは思います。